珪藻土グレイン

グレインの特徴

デザイン塗りには厚塗りタイプ!優しくソフトな仕上がりがお部屋を癒します。

①調湿機能
珪藻土は空気中の水分を吸ったり、吐いたりするので梅雨や結露の原因の湿気を吸収し、お部屋が乾燥している時には水分を放出するので快適な湿度を保ちます。
調湿機能で結露を防止し、カビの発生を抑制します。

②ホルムアルデヒド吸着固定
空気清浄機能でシックハウスの原因といわれるホルムアルデヒドを吸着固定します。
ホルムアルデヒド等級F☆☆☆☆取得

③消臭
空気清浄機能でタバコの臭い、玄関・トイレなどの悪臭やペットの臭いや生活臭を抑えお部屋をクリーンに保ちます。

④断熱性・保湿性
珪藻土は、藻の1種であるプランクトンが200~300万年前に堆積してできたものなので、せめんととほとんど同じ大きさの粒子の中に、無数の細孔があるため調湿性や断熱性などの性能が優れています。
夏は涼しく、冬は暖かい快適な空間に!

⑤耐火性
耐熱温度が1700度で七輪の原料にもなっています。
万一の火災の際にも、防火性に優れているので、逃げる時間を確保できます!

活性水で練ってお届けします!

珪藻土グレインは珪藻土を活性水で練ってからお届けします。
Wallstyleではご注文確定後、色、季節や温度によってひとつひとつ練る硬さを変えていますので、塗りやすく、手間もなく、時間も短縮できます。
いま貼っているビニール壁紙の上に直接塗ることができます。はがさず塗れるのでとってもスピーディー!

珪藻土の原産地

Wallstyleの珪藻土は採掘から製造まで、すべて日本で行っています。
当店の珪藻土は大分県産を使用しているので安心!

原材料

珪藻土・ゼオライト・セルロース他

使用期限

Wallstyleの珪藻土は活性水で練っており、時間が経つと土と水が分離してきますので、商品到着後、1週間以内にお使いきりください。

乾燥期間

夏:2~3日
冬:4~5日
乾燥期間は塗り厚やお部屋の状況により変わります。
乾燥時は風通しを良くしてください。
窓を閉め切ったままにすると、乾燥しにくく珪藻土に含む水分で結露することができます。

ビニール壁紙・石膏ボード・紙壁紙・プリント合板・ベニヤ・繊維壁・砂壁
下地によってはそのまま珪藻土が塗れない場合がありますのでご注意ください。

そのままで塗ることができます。
汚れ防止機能壁紙は塗ることができませんが、壁紙をはがしシーラーを塗布することができます。
(膨らんできた壁紙の裏紙は剥がし、再度塗布)

そのままで塗ることができます。
ジョイント部分にファイバーテープを貼り、パテ処理を行って下さい。ビスやカッター留め具はサビが浮くことがあるので錆止めを塗布してください。

全体的にフワフワしている場合は、新しいベニヤに替えてください。ベニヤ板にそのまま塗るとシミやアクがでますので必ずシーラーを塗布してください。
(塗りむらが無いように2回塗布してください)

ポロポロ落ちているところはすべて落とし凹んでいるところはパテで埋めてください。コンクリートにそのまま塗ると、シミやアクがでますので必ずシーラーを塗布してください。
(塗りむらが無いように2回塗布してください)

ポロポロ落ちている所だけ落とし段差がないようにパテをしてください。はがれている場合は全体を剥がしてください。そのまま塗るとシミやアクがでますので必ずシーラーを塗布してください。
(塗りむらが無いように2回塗布してください)

化粧ベニヤやプリント合板は表面がつるつるしており珪藻土が付きにくい為サンドペーパー(100番程度)で表面にキズをつけそのまま塗るとシミやアクがでますので必ずシーラーを塗布してください。
(塗りむらが無いように2回塗布してください)

使用できない場所

布下地・ガラス・金属・外壁・浴室

珪藻土の必要量目安

㎡数個数㎡数個数㎡数個数㎡数個数
5㎡1個30㎡6個55㎡11個80㎡16個
10㎡2個35㎡7個60㎡12個85㎡17個
15㎡3個40㎡8個65㎡13個90㎡18個
20㎡4個45㎡9個70㎡14個95㎡19個
25㎡5個50㎡10個75㎡15個100㎡20個

※塗り方によって数量が変わります。

塗る場所の必要量目安

場所天井
トイレ約15㎡約2㎡
洗面所約20㎡約4㎡
4.5畳約25㎡約8㎡
6畳約30㎡約10㎡
8畳約40㎡約13㎡

※塗り方によって数量が変わります。

段ボールケースの中には、最後まで取り出しやすい立体製袋したビニール袋を使用しています。
ケースを開け、ビニール袋を広げますとそのままバケツ代わりになっています。
お部屋も汚さずに短時間で施工できます。使用後のケースは段ボールを使用しているのでリサイクルできます。

1箱に最大3個まで入ります。※ボルカのみ2個分です。

“ネリード”と“グレイン”は、同じ珪藻土を主原料にした塗り壁材です。 二つの違いは、塗り壁材に強度を持たせるために入れる骨材(コンクリートに入れる砂利のような物)か、 スサ(漆喰に入っている麻やワラなどの繊維質)の違いがあります。 “ネリード”にはスサを入れていますので、塗った時に伸びが良く初めての方にも塗りやすい塗り壁材です。 “グレイン”には砂粒状の骨材が入っていますので、塗り厚が増しザックリした風合いを出す事ができます。

“ネリード”には珪藻土が50%以上(体積比)含まれているのと、ホルムアルデヒド等を分解無害化する薬剤を含んでいますので、 珪藻土が湿気を吸う時と一緒に空気中の有害物質も同時に吸着し分解します。 “グレイン”の珪藻土含有率は低いのですが、調湿剤を多く含んでいますので、逆に“ネリード”より調湿性能は高くなっています。 ただ“グレイン”には骨材が多く含まれていますので、どうしても厚塗りになってしまい表示の塗り面積が塗れない場合が多いと思います。 “ネリード”と同じ面積を塗るのに2~3割り多く必要になりますので、価格を押えていることもありまして、価格差が生じています。

その他のよくある質問はこちら

ホワイト

アイボリー

クリーム

モスグリーン

ライトブラウン